PR

 米司法省(DOJ)は米国時間2010年5月28日、ニューヨーク州在住の男が海賊版ソフトウエアを販売した罪で18カ月の禁固刑を言い渡されたと発表した。この男は、約27万ドルの偽造ソフトウエアを販売したとして、2月25日に有罪が確定していた。

 男の名前はRobert Cimino(60歳)。米Adobe Systems、米Autodesk、米IntuitなどのソフトウエアをCDやDVDに不正コピーし、「SoftwareSuite」の事業名で販売した。複数のオンライン広告フォーラムを利用して広告を出し、ほとんどの場合、電子メールで注文を受けて、決済にはPayPalを使った。2006年2月から2009年月にかけて、少なくとも27万35ドルの売上高を手にした。

 バージニア州東部連邦地方裁判所は、禁固刑のほか、刑に服したあとの3年間の保護観察処分と27万2655ドルの損害賠償支払いも命じた。

[発表資料へ]