PR
図1 リニューアル後の画面のイメージ
図1 リニューアル後の画面のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
図2 会員ランクのイメージ
図2 会員ランクのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 エイベックス・グループ・ホールディングスは、連結子会社のエイベックス通信放送が提供する携帯電話機専用放送局「BeeTV」の携帯電話サイトを6月25日にリニューアルする(図1)。

 番組の続きや、見たい番組をすぐに探せるように、インタフェースを変更する。さらにユーザーごとにカスタマイズされた専用ページである「マイルーム」を利用できるようにする。マイルームの機能としては、過去に見た番組やお気に入り番組をすぐに視聴できる「リレキ機能」や「お気に入り機能」、よく聴く楽曲をすぐに聴ける「プレイリスト機能」、ユーザーごとにカスタマイズした情報を通知する「お知らせ機能」などを採用した。

 このほかに、「会員ランク」を設けて、BeeTV を使い続けたユーザーは特典映像を視聴できるといったサービスを提供する(図2)。さらに新機能として、ユーザーのその時の気分で番組が探せる機能である「こんな時に」や、最終回の終了後も1年間はその番組を視聴できる「イッキ見番組」、ユーザーの視聴履歴や属性に応じて番組を表示する「番組オススメ機能」を新たに導入した。泣いている子どもも泣き止むようなオモチャ代わりとなる番組を集めた「キッズジャンル」も追加した。