PR

 米Microsoftは米国時間2010年6月7日、Web版オフィスアプリケーション「Office Web Apps」を米国、英国、カナダ、アイルランドで公開したと発表した。同社のオンラインサービス「Windows Live」を通じて、「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」の各アプリケーションの限定機能をWebブラウザから利用できる。

 上記4カ国以外のユーザーでも、Windows Liveにサインインして「Office.live.com」にアクセスできるが、言語は対応していない可能性がある。対象地域は順次拡大する予定。

 Office Web Appsは、パソコン用オフィスアプリケーション「Office 2010」を所有していなくても利用可能。Webブラウザ上でドキュメントを新規作成し、Windows Liveのオンラインストレージ「SkyDrive」で共有および編集することができる。パソコン上で作成したドキュメントもドラッグ・アンド・ドロップ操作で手軽にアップロードできる。

 複数の共有ユーザーによる同時編集にも対応するほか、スマートフォンからアクセスしてWordやPowerPointドキュメントを閲覧できる。また、Web版メッセンジャー機能や検索機能、編集履歴をさかのぼる機能なども提供する。

 同社は来週、Office 2010を一般向けに正式リリースする予定だ。その際に、「Office 2010とSkyDrive、Office Web Appsの組み合わせをパソコン、携帯電話、ブラウザで活用することによる優れた生産性についてより多くの情報を提供する」(同社Windows Live SkyDrive担当主席リードプログラムマネージャーのJason Moore 氏)としている。

[発表資料へ]