PR

 ドリーム・アーツは2010年6月10日、製油事業を手掛ける日清オイリオグループにデータベース(DB)ソフト「ひびき Sm@rtDB」を納入したと発表した。2010年3月から運用を開始している。日清オイリオの担当者2500人が利用する。システム構築は、日清オイリオのシステム子会社であるNSPが担当した。

 日清オイリオがひびき Sm@rtDBの導入を決めたのは、社内情報共有システムの刷新に伴い、複数の業務DBを構築するための基盤が必要だったためだ。2009年にグループウエアを刷新したが、当該製品が備える機能だけでは10年以上活用してきたLotus Notesに作りこんだ業務DBを移行できなかった。