PR

 ティー・エヌ・エスは2010年6月14日、Google App Engine(GAE)に対応した人事システム「クラウド版MosP勤怠給与システム」のベータ版をオープンソースソフトウエア(OSS)として公開した。マインドがOSSとして公開している「MosP給与計算V3.3.1」に、GAEのデータストアであるBigTableへの対応などの改変を行った。

 「クラウド版MosP勤怠給与システム」はティー・エヌ・エスのクラウド導入サービス「クラウドZERO」のサイトで配布している。正式版は2010年7月6日にリリース予定。ライセンスはGPL。同時に導入支援サービスの提供も開始する。

 MosPは、マインドが公開し2006年からOSSとしてGPLで公開しているJavaベースの人事・給与・勤怠システム。これまでに1万件以上ダウンロードされているという。