PR

 インターネットラジオの米Pandoraは米国時間2010年6月14日、米Appleのタブレット型コンピュータ「iPad」向けに提供するアプリケーションにおいて、コーヒーショップチェーンの米Starbucks、トヨタ自動車の高級車ブランドLexus、米Anheuser-BuschのビールブランドBudweiserと広告契約を結んだことを明らかにした。

 Pandoraは、iPad用アプリケーションでビデオ、オーディオ、インタラクティブ機能を盛り込んだ各ブランドのリッチメディア広告を配信する。

 Pandoraの広告配信機能では、リスナーの性別、年齢、居住地、好きな音楽のジャンル、ラジオを聞く時間帯などに合わせて、ターゲットを絞った広告を展開できる。パソコンやスマートフォンなどさまざまなプラットフォームに対応しており、このほどiPad向けの配信を可能にした。

 一方、Appleは独自のモバイル広告ネットワーク「iAd」を7月1日に開始する。iAdは、同社のモバイルOS最新版「iOS 4」に組み込まれる(関連記事:アップル、「iAd」は7月1日からサービス開始)。

[発表資料へ]