PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは米国時間2010年6月16日、携帯電話の新機種「iPhone 4」の先行予約初日の注文が、同社と提携キャリアを合わせて60万台を超えたと発表した。1日当たりの予約としては過去最大の注文数という。

 Appleは6月7日にiPhone 4を発表し、6月15日に先行予約を開始した。発売は6月24日からで、当初は、米国、日本、フランス、ドイツ、英国を対象にする(関連記事:Appleが薄さ9.3mmの「iPhone 4」を発表、6月24日発売)。しかし、予想を上回る予約が殺到したため、注文システムにアクセスできないなどの障害が発生した(関連記事:iPhone 4の予約システムがつながりにくい状況に)。

 注文を完了できなかった消費者や、予約をあきらめた消費者に対し、Appleは謝罪し、「在庫が入り次第、オンラインストアまたは当社および提携キャリアの店舗を再訪してほしい」とコメントした。

 iPhoneの米国提供で提携している米AT&Tによれば、iPhone 4の初日予約数は前機種「iPhone 3GS」を10倍上回った。6月15日にはAT&TのWebサイトを1300万人以上が訪問し、新機種にアップグレードできるかどうかチェックした。AT&Tは在庫状況と発売日、受注数を考慮し、一時的にiPhone 4の注文受付を停止する。

 米メディアの報道(Wall Street Journal)によると、AT&Tは発売日より前に受付を再開したいとしている。Appleは引き続き注文を受け付けているが、予約しても6月24日に入手することはできない。Appleのオンラインストアでは6月16日午後の時点で、出荷予定が7月14日になっている。

[Appleの声明]
[AT&Tの声明]