PR
図●ヴィレッジアイランドの映像配信ソリューションの概要
図●ヴィレッジアイランドの映像配信ソリューションの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 東京ケーブルネットワーク(TCN)は2010年6月18日、米Appleのタブレット端末「iPad」と携帯端末「iPhone」向けに、同社が運営するコミュニティーチャンネルの番組を配信する実験を開始したと発表した。6月24~26日に東京・池袋で開催する「ケーブルテレビショー2010」でデモ展示を行う。

 今回の実験は、インターネットを使ったストリーミング配信や番組単位のオンデマンド配信による地域情報提供の可能性を検証するために実施する。技術面と合わせて、本運用を視野に入れた権利処理についても検討を行う。当面は一般ユーザーが参加できる形ではなく、社内における検討作業を進める。

 TCNのコミュニティーチャンネルでは主に、自社制作の情報番組と行政制作の番組、他社制作の番組(ショップチャンネルなど)の三つを放送しており、配信実験は権利処理が容易な自社制作番組を使って実施する。また、同社の営業地域として秋葉原を含んでいることから、こうした地域で開催されるファン向けのイベントを中継し、イベントに関心を持つ世界中の人に映像を配信するようなサービス提供も検討している。

 今回の実験は、ヴィレッジアイランドの「iPhone用ライブストリーミングスタンドアロンエンコーダ」を使って実施する。

[TCNのWebサイトへ]