PR
さくらインターネットが北海道石狩市に建設するデータセンター
さくらインターネットが北海道石狩市に建設するデータセンター
[画像のクリックで拡大表示]

 さくらインターネットは2010年6月21日、北海道石狩市に巨大データセンターを建設すると発表した。ホスティングサービスや仮想マシン貸しサービスを提供するサーバーを最大60万台規模で設置する。2011年秋に完成する第一期工事(500ラック)の投資額は、土地・建物だけで37億円。最終的な規模は、敷地面積が東京ドーム1.1個分に相当する5万1448平方メートル、ラック数は4000ラックとなる予定。

 さくらインターネットは石狩データセンターで、500ラックが収納可能なデータセンター棟を最大8棟建設する予定。第一期工事ではまずそのうちの1棟を建設し、需要拡大に応じて順次建物を増やす。サーバーの冷却には石狩市の寒冷な外気を活用する考えで、空調設備コストや空調に必要となる電力を大幅に削減する。データセンターの消費電力効率を現すPUE(Power Usage Effectiveness)は、通年で外気だけを使用する場合が「1.11」、夏場にエアコンを併用する場合でも「1.21」になるという。

 各ラックには標準で8キロワット、最大で15キロワットの電力が供給される。東京都内のデータセンターにおける標準的な供給電力は1ラック当たり3キロ~6キロワットであり、1ラック当たりにより多くのサーバーを収納できる。同社ではプロセッサにAtomを使用する「Atomサーバー」を自作しており、1ラック当たり最大160台を収納可能。石狩データセンターに収納するサーバーすべてをAtomサーバーにした場合、60万台のサーバーを格納できるとしている。

 第一期工事の投資額は総額37億円で、そのうち3億6000万円が土地代、残りが建物の建造費となる。サーバーやストレージなどの投資はこの中に含まれない。将来的には「コンテナ型データセンター」などにも対応できるとしている。