PR
図●「Autoメール名人」を使い、メールでEDI(電子データ交換)をする場合の手順
図●「Autoメール名人」を使い、メールでEDI(電子データ交換)をする場合の手順
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトベンダーのユーザックシステムは2010年6月21日、企業間でメールを使って取引データをやり取りするためのソフト「Autoメール名人」を発表した()。メールのデータを受信してから基幹システムへ取り込むまでの流れを自動化する。7月1日から提供を始める。

 企業間のデータ連携にはEDI(電子データ交換)ツールを使うのが一般的。だが、「取り引き先によってEDIツールが違い操作が面倒だったり、規模の小さい企業ではEDIツールを持っていないところも多い」(ユーザックシステムの小ノ島尚博 取締役マーケティング本部長)。EDIツールを持っていない企業が発注者となって他企業と取り引きする場合、「発注書のデータをエクセルに手入力したり、受注企業がデータをシステムに手入力する、といったケースが多かった」(同)。

 Autoメール名人を使うと、受注データを基幹システムに自動で取り込む以外にも、基幹システムからデータを取り出してPDFで請求書を作ってメールで送る、といった作業を自動化できる。

 Autoメール名人の価格は、自動化の手順を最初に決める「Standard版」が25万円、自動化する業務の再設定が可能な「Enterprise版」が60万円。月額課金の価格体系もあり、Standard版は月額1万5000円、Enterprise版は同3万円。取引先の業務を自動化する際に使う「取引先用クライアント」が5万円。取引先用クライアントは、「取り引き先があるフォルダにエクセルファイルを入れたら、そこから発送までの操作は自動で行う」(小ノ島本部長)といった利用をする。