PR
図 「次世代パーソナライズド情報提供システム」の動作の仕組み
図 「次世代パーソナライズド情報提供システム」の動作の仕組み
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIとKDDI研究所は2010年6月23日、携帯電話機と映像配信システムとを連携させて、個人の状況や好みに合わせた番組や生活お薦め情報などを提供する「次世代パーソナライズド情報提供システム」を開発したと発表した。

 Android搭載のタッチパネル式スマートフォンを使用して、番組およびコンテンツの選択や、セットトップ・ボックス(STB)のリモコン操作を行う。利用者は外出先で、天気や列車乗換案内、近隣飲食店案内といった24時間の生活の中で必要な情報をまとめて利用できる。このシステムで提供される情報は、時間や位置を考慮した「状況推定技術」と、推定された状況や視聴履歴に基づく「嗜好推定技術」により、利用シーンに即した「おすすめ情報」として最適化される。

 具体的には、嗜好推定技術によりスマートフォンに放送中および放送予定の番組、VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスのコンテンツから、お薦めのものを提示する。その後、タッチすることでリモコン操作や録画予約が可能になる。

 また、状況推定技術と嗜好推定技術により、例えば利用シーンに適した付近の飲食店数件を表示して、合わせてクーポンや地図を表示する(図)。なおKDDIとKDDI研究所は、「ケーブルテレビショー2010」(2010年6月24日~26日開催)のKDDIブースにおいて、この情報提供システムを展示する。

[報道資料へ]