PR

 米Googleは現地時間2010年6月23日、同社傘下のビデオ共有サービス「YouTube」が米Viacomに著作権侵害で訴えられていた問題で、YouTubeが勝訴したと発表した。裁判所は、YouTubeが著作権保持者の権利管理を支援するために協力しており、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)の保護規定の適用対象にあたると判断した。

 Viacomは2007年3月にGoogleとYouTubeをニューヨーク州南地区連邦地方裁判所に提訴した。Viacomの保有する番組のビデオクリップが大量にYouTubeに投稿され、違法アクセスを受けたと主張し、10億ドルの損害賠償を求めていた(関連記事:ViacomがGoogleとYouTubeを提訴,「世界規模の著作権侵害行為」)。Viacomは、「GoogleはYouTubeに違法コンテンツが投稿されていることを知りながら目をつぶり、それによって収益を得ている」と非難していた。

 しかし裁判所は、GoogleとYouTubeがユーザーによる違法コンテンツの投稿を認識したうえで、通知があれば即座に応じて削除している点がDMCA保護規定の条件を満たしていると結論づけた。訴訟で問題とされているビデオがすべてYouTubeから消去されていることも指摘した。

 米メディアの報道(Wall Street Journal)によると、Viacomは控訴する意向という。

[発表資料へ]