PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Amazon.comは米国時間2010年6月27日、米Googleのモバイルプラットフォーム「Android」を搭載した端末で同社の電子書籍リーダー「Kindle」向けコンテンツを読めるようにするアプリケーション「Kindle for Android」の提供を開始した。また、米Apple製モバイル端末向けの同様のアプリケーションに新機能を追加した。

 同社は、今年5月にKindle for Androidをリリースする計画を明らかにしていた(関連記事:Amazon.com、Android端末向けKindle書籍閲覧アプリを今夏にリリース)。Android端末ユーザーはWebサイトから無償で同アプリケーションをダウンロードできる。Androidのバージョン1.6以降に対応する。

 これまでにAmazon.comは、Kindleコンテンツ閲覧アプリケーションを、Windows搭載パソコンのほか、Appleのパソコン「Macintosh」とモバイルデバイス「iPhone」「iPod touch」「iPad」、カナダResearch in Motion(RIM)のスマートフォン「BlackBerry」に提供している。

 Kindle for Androidは、これらアプリケーションと同様にAmazon.com独自の同期機能「Whispersync」を備え、ブックマークや最後に読んだページをKindleやパソコン、デバイス間で自動的に同期する。背景色、フォントのカラーおよびサイズを調整可能。ページをめくるには、スクリーンのサイドをタップするか、画面をフリックする。

 また「Kindle for iPad」「Kindle for iPhone and iPod touch」を機能強化し、Kindleコンテンツに組み込まれたビデオやオーディオをiPad、iPhoneおよびiPod touchで視聴できるようにした。さらに「iPhone 4」の高解像度「Retina」ディスプレイでの表示も最適化した。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]