PR

 シマンテックは2010年6月29日、中規模企業向けに総合セキュリティ対策製品「Symantec Protection Suite Advanced Business Edition」を発表した。7月5日に発売する。

 Symantec Protection Suite Advanced Business Editionは、マルウエア対策の「Symantec Endpoint Protection」やスパムメール対策の「Symantec Brightmail Gateway Virtual Edition」、データのバックアップとリカバリ用の「Symantec Backup Exec System Recovery Server Edition/Desktop Edition」をまとめて提供するスイート製品。外部からの攻撃の防御、内部からの情報流出やデータ損失のリスク回避などに役立つ。

 複数のセキュリティ対策製品を管理するツール「Symantec Protection Center」を、一緒に提供する。このツールを活用することで、「セキュリティ製品を集約して管理できるようになり、IT管理者の負担を軽減できる」と、プロダクトマーケティング部の広瀬努リージョナルプロダクトマーケティングマネージャは説明する。

 300ユーザーの場合、1ライセンス当たりの価格は新規購入が9200円、他社製品からの乗り換えが5100円である。

 シマンテックは、100人未満の小規模企業向けの総合セキュリティ対策製品「Symantec Protection Suite Small Business Edition」の値下げも発表した。30ユーザーの場合、1ライセンス当たりの価格は新規購入が6600円と、従来の半額に設定している。