PR
「日医標準レセプトソフト」の導入件数を集計している日本医師会のWebサイト
「日医標準レセプトソフト」の導入件数を集計している日本医師会のWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]
「日医標準レセプトソフト」のメニュー画面
「日医標準レセプトソフト」のメニュー画面
[画像のクリックで拡大表示]

 日本医師会がオープンソースソフトウエア(OSS)として公開している診療報酬計算システム「日医標準レセプトソフト」を導入した医療機関の数が、2010年6月で1万施設を突破した。全国の病院と診療所の数は合わせておよそ10万であり、その約10%が導入したことになる。

 「日医標準レセプトソフト」は日本医師会によりORCAプロジェクトとして開発が進められ(関連記事)、2002年にオープンソースソフトウエアとして公開された。2007年12月に導入医療機関の数が5000施設に達している。

 日本医師会の集計によれば、2010年6月15日時点の集計で「日医標準レセプトソフト」を導入した医療機関は1万148施設。うち9152施設は日医標準レセプトソフトのみで運用しており、996施設は導入作業中である。厚生労働省の統計によれば、2010年3月時点での全国の医療施設は病院が8708、一般診療所が9万9583で合計10万8291施設。約10%が日医標準レセプトソフトを導入したことになる。また「日医標準レセプトソフト」の導入や保守を担当する「日医IT認定サポート事業所」は全国で178社に達している。

 「日医標準レセプトソフト」の開発は、Rubyの作者まつもとゆきひろ氏がフェローとして在籍するネットワーク応用通信研究所が中心となって担当した。OSにLinux、トランザクション管理モニター(TPモニター)にMONTSUQI、開発言語にOpenCOBOL、データベース管理システムにPostgreSQLなど、ミドルウエアもすべてオープンソースソフトウエアが使用されている。MONTSUQIはWASP代表取締役の生越昌己氏が開発した。

 ORCAプロジェクトでは「日医標準レセプトソフト」のほか、主治医意見書・医師意見書・訪問看護指示書作成支援ソフト「医見書」と給付管理・介護報酬請求支援ソフト「給管鳥」もオープンソース化している。「医見書」と「給管鳥」には、オープンソースのデータベース管理システムであるFirebirdを採用している(関連記事)。

◎関連資料
日医標準レセプトソフト稼動状況