PR

 日本ケーブルテレビ連盟は2010年7月2日、「宮崎県口蹄疫被害 義援金募集告知CM」を制作したと発表した。同連盟正会員オペレーターであるケーブルテレビ事業者全360社(視聴可能世帯数:約2400万世帯)に配信し、各局のコミュニティーチャンネルで放送する。

 家畜の伝染病「口蹄疫」で甚大な損害を受けた畜産農家に対する支援が目的で、同連盟が映像番組を用いた大規模なチャリティ・キャンペーンを行うのは初めて。放送期間は7月上旬~8月末日までで、専用口座への義援金の振り込みを呼びかける。集まった募金は、宮崎県を通じて口蹄疫で被害を受けた畜産農家の支援のために使われる。

[発表資料のページへ]