PR
Android向けのYahoo! Mail(左)とYahoo! Messenger(右)の画面例
Android向けのYahoo! Mail(左)とYahoo! Messenger(右)の画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 米Yahoo!は米国時間2010年7月1日、同社オンラインサービスのモバイル対応拡充について発表した。Webメールサービス「Yahoo! Mail」などを、米GoogleのモバイルOS「Android」と米Appleのモバイル端末「iPhone」「iPod touch」に対応させた。

 Android向けには、Yahoo! Mailとインスタントメッセージング(IM)サービス「Yahoo! Messenger」用のモバイルアプリケーションを提供する。Yahoo!検索サイトの各種検索機能を利用するためのミニアプリケーション「Yahoo! Search Widget」もAndroidに最適化した。いずれもAndroid 2.0以降に対応しており、Androidアプリケーション販売/配布サイト「Android Market」から無償でダウンロード可能。Yahoo! Search Widgetは米国のみで利用できる。

 また、Yahoo! Mailとニュースサービス「Yahoo! News」でHTML5をサポートしたことにより、iPhoneとiPod touchのWebブラウザでの安定した高速閲覧が可能になった。Yahoo! Newsはレイアウトを刷新し、タッチ操作に対応したアニメーション効果やナビゲーション機能も追加した。当初は米国でのみ利用可能だが、他国にもサービス対象を拡大していく予定。

[発表資料へ]