PR

 KDDIとソフトバンクモバイルは2010年7月15日、韓国SK Telecomを含む3社でNFC(Near Field Communication)の仕組みを使って両国で利用可能なサービスや設備の相互利用の可能性を検討する覚書を同年7月7日に締結したと発表した。

 覚書の内容は、(1)日韓の両国で、携帯電話機をかざすことで利用できるクレジット決済やクーポン券、会員証、ポスターからの情報取得など多くのサービスの実現性の検討、(2)アプリケーションのダウンロードや本人認証を行うサーバーなど、サービスを実現する設備の相互利用の可能性の検討だという。今後は3社が協力して、早期の商用化を目指して検討する。

[発表資料へ]