PR

 オンラインメモサービス「Evernote」を運営する米Evernoteは米国時間2010年7月14日、同サービスに対応したアプリケーションや製品を紹介するディレクトリー機能「Trunk」を追加したと発表した。「Mobile」「Desktop & Web」「Hardware」「Gear」「Notebooks」のカテゴリー別に、Evernoteと連携するソフトウエアやツール、サービス、ハードウエアを表示する。

 Trunkアイコンをクリックするとウィンドウが開き、SNSサイト「Facebook」やミニブログサービス「Twitter」で見つけた興味のあるコメントを手軽にEvernoteに記録するツール、Evernoteに保存された音声記録をテキスト形式で保存する音声テキスト化サービス、Evernoteサポート機能をプリインストールしたモバイル端末、Evernoteの記録を活用するコラボレーションアプリケーションなど100近いアイテムを利用することが可能。

 Notebooksカテゴリーでは、提携を結んだ出版社やブログがEvernote向けにコンテンツを提供する。ユーザーは気に入った記事を手軽にEvernoteアカウントに追加し、いつでもすぐに情報を取得することができる。

 Trunkで紹介している製品やコンテンツを購入するには、それぞれのサイトに移動する必要があるが、年内には直接Trunkから購入手続きする機能も追加する予定。

 Trunkは、WindowsとMac OS X向けアプリケーションですでに利用可能。Web版Evernoteには同日中に導入する。iPad向けアプリケーションは来週対応する。

[発表資料へ]