PR
「U30Jc」
「U30Jc」
[画像のクリックで拡大表示]

 ASUSTeK Computerは、13.3型液晶を搭載したモバイルノートパソコン「U30Jc」に、CPUを強化した新機種を追加、2010年7月17日から順次発売する。Core i5/i3のCPUの違いと、Office Personal 2010の有無の組み合わせで4モデルに分かれる。

 「U30Jc」は使用状況に合わせてグラフィックを切り替える「NVIDIA Optimusテクノロジ」に対応したモバイルノート。描画性能の高い「NVIDIA GeForce 310M」と低消費電力のCPU内蔵グラフィックスを切り替えて、パフォーマンスとバッテリー駆動時間を両立させる。

 Core i5-450M(2.40GHz)を搭載した「QX075」は、バッテリー駆動時間が最長約8.8時間。希望小売価格は9万9800円。Core i3-370M(2.40GHz)を搭載した「QX073」は、バッテリー駆動時間が約9.1時間。希望小売価格8万9800円。Office搭載モデルは各2万円高となる。

 そのほかの仕様は共通。最薄20mmのアルミニウムボディーを採用し、2GBのメインメモリー、320GBのハードディスク、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSはWindows 7 Home Premium(64ビット版)。本体寸法は幅328×奥行き238×高さ20~29.9mm、重さは約2.1kg。

 「QX075」のOfficeモデルが8月下旬発売。他は7月17日発売の予定。