PR
写真1●スケールアウト型iSCSIストレージ「HP StorageWorks P4800 G2 63TB SAS BladeSystem SANソリューション」の構成
写真1●スケールアウト型iSCSIストレージ「HP StorageWorks P4800 G2 63TB SAS BladeSystem SANソリューション」の構成
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●「P4800 VDIソリューション」として仮想デスクトップの共有SANストレージでの利用を想定
写真2●「P4800 VDIソリューション」として仮想デスクトップの共有SANストレージでの利用を想定
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカードは2010年7月20日、スケールアウト型iSCSIストレージ「HP StorageWorks P4800 G2 63TB SAS BladeSystem SANソリューション」を発売した。HPの汎用ブレードサーバー/ストレージを採用することで、同程度の容量を持つ従来機より価格を約3割抑えた。同製品を仮想デスクトップ(VDI)向けの高性能ストレージとして位置付け、同日から販売を始める。

 HP StorageWorks P4800 G2 63TB SAS BladeSystem SANソリューションは、コントローラやストレージを追加することで動的に冗長度や容量を高められるスケールアウト型iSCSIストレージ。コントローラとストレージが一体化した「HP StorageWorks P4000」シリーズの物理構成を変更したモデルである。

 具体的には、コントローラをブレードサーバーベースの「P4000sb Storage Blade」×4、ストレージを1万5000回転/分のSASストレージ「HP StorageWorks Modular Disk System 600」×2、SASスイッチ×2の同社製品を組み合わせた構成に変更(写真1)。核となるストレージ仮想化ソフト「SAN/iQ 8.5」のネットワークRAIDによる負荷分散/冗長化、稼働中のファームウエア更新や容量拡張といった主な特徴はそのままに、ハードウエア部分のコストを下げた。論理的にはコントローラ/ストレージ一体型従来機の4ノード構成に相当する。

 価格は2940万円。1万5000回転/分のSASストレージ搭載で同程度の容量を持つHP StorageWorks P4000シリーズと比べると、3割ほど安価になるという。

 日本HPでは同製品を「P4800 VDIソリューション」と位置付け、VDIソリューション「HP VDIリファレンス・アーキテクチャー」の中核要素として販売する(写真2)。VDIリファレンス・アーキテクチャーは、P4800 VDIソリューションに、最大12コアのAMD Opteron 6100シリーズを2基搭載可能なブレードサーバー「HP BL465c G7」とエンクロージャ、シンクライアント端末「HP ThinClient t5325、デスクトップ仮想化ソフトのライセンスなどをセットにしたデスクトップ仮想化のターンキー製品。価格は個別見積もりだが、1000クライアント構成時の参考価格は約1億3490万円。