PR

 米Microsoftは米国時間2010年6月18日、Windows用統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2010」向け拡張機能ツールセット「Productivity Power Tools」の最新版を公開したと発表した。Webサイトで無償ダウンロード提供している。旧版をインストール済みの場合は、Visual Studioの起動時にアップデートの通知が表示される。

 Productivity Power ToolsはVisual Studioに各種機能を追加し、開発作業の省力化を支援する。最新版は2010年4月リリースのVisual Studio 2010に合わせてアップデートし、拡張機能の追加やバグ修正を行った(関連記事:Visual Studio 2010や.NET Framework 4、Silverlight 4が正式リリース)。

 最新版では、利用する拡張機能を個別に選べるようになった。Microsoftによると、これはユーザーからの要望が最も多かった機能の一つという。様々な編集支援機能を集約した新機能「Solution Navigator」を使うと、C#やVisual Basic(VB)などのコードでクラスを展開表示したり、クラスのメンバーを検索したりできる。

 Visual Studio内の機能を検索して実行する「Quick Access」、整合性を保ちながらC#/VBコードへ括弧を自動挿入する「Automatic Brace Completion」といった機能も新たに提供する。

[Microsoft公式ブログへの投稿記事]