PR

 アシストは2010年7月21日、「三島市、伊豆市及び伊豆の国市電算センター協議会」に、オープンソースのオフィスソフトOpenOffice.orgの研修サービスを提供したと発表した。同協議会は、財団法人 地方自治情報センター(LASDEC)の共同調査研究としてOpenOffice.orgの検証を行っている。

 「三島市、伊豆市及び伊豆の国市電算センター協議会」は、三島市、伊豆市、伊豆の国市の3市による行政システムの共同開発や共同利用を目的として設立された組織。同協議会は、2010年5月より、財団法人 地方自治情報センターの2010年度共同調査研究として、「最適なオフィス・ソフトの導入に関する調査研究」と題し、OpenOffice.orgの有用性、利便性などを検証している。同研究の一環として、アシストのOpenOffice.org研修を利用した。

 同研究では、オフィスソフト自体の検証のほか、国際標準文書形式による情報共有についての研究、全国の自治体におけるオフィスソフト導入状況調査を行う。またオフィスソフトの見直しによる情報化予算の圧縮効果についても調査する。調査結果は2011年春に地方自治情報センターの研究開発成果説明会で報告し、調査報告書を地方自治情報センターの会員自治体に配布する。

[発表資料]