PR

 ソフトバンクテレコムは2010年7月21日、クラウド型の仮想デスクトップサービス「ホワイトクラウド デスクトップサービス」を10月に開始すると発表した。DaaS(デスクトップ・アズ・ア・サービス)と呼ばれるサービス形態で、仮想デスクトップ環境をネットワーク経由で提供する。

 仮想デスクトップを収容したサーバーはソフトバンクテレコムのデータセンターで運用する。サービスメニューとしては、20台分の環境を提供する「20デスクトップパック」から10台刻みで50台分の「50デスクトップパック」まで用意する。

 仮想デスクトップ1台のスペックはCPUが1仮想CPU、ハードディスクドライブが10GB。主記憶はメニューごとに異なり、20デスクトップパックの場合は1台当たり3Gバイト、50デスクトップパックの場合は1台当たり1Gバイトになる。1仮想CPUの動作周波数などは非開示とした。

 料金は、50デスクトップパックを5年間利用する場合で月額12万50000円(税別、以下同)。仮想デスクトップ1台当たり月額2500円の計算となる。ハードディスクドライブは、5Gバイト当たり月額200円で追加できる。