PR

 SNS世界最大手の米Facebookは米国時間2010年7月28日、同社サービスのユーザーに向けて質問を投稿できる新機能「Facebook Questions」を限定ベータ版として一部のユーザーに公開したと発表した。

 ホームページ上部に設けられる「Ask Question」ボタンをクリックすると現れるテキストボックスに質問を書き込んで投稿すると、その質問がほかのユーザーの画面に表示されるようになる。質問に写真を添付したり、投票形式にしたりすることも可能。例えば花の写真を添付して、花の名前を尋ねたり、8歳の子どものプレゼントには「Wii」「Xbox」のどちらがよいか、といった投票形式の質問が行える。

 ただし、質問はすべてのユーザーに公開されることが前提となっているため注意が必要だ。同社のプロダクトディレクターのBlake Ross氏は、「個人的な質問は個々のユーザー間のメッセージなどで行い、この新サービスでは5億人を超えるFacebookユーザーの知の集合体を活用してもらいたい」と説明している(関連記事:Facebook、世界のアクティブユーザーが5億人を突破)。

 Facebook Questionsではタグ機能も用意している。例えば自転車の走行ルートに関する情報を尋ねるものであれば「サイクリング」、カメラに関する質問には「写真」といったタグを付けられる。それぞれの質問は、これらのタグについてFacebook内のアクティビティーで関心を示している人に優先的に表示されるようになる。

 このほか一覧表示画面も設けている。特定のテーマについてFacebookのユーザーがどのような質問をしているのかが分かり、必要な情報が探しやすいという。この画面で関心のあるものに「Follow(追跡)」ボタンを押しておけば、新たな回答が投稿された際に通知を受けとることができる。

 現時点ではごく限られたユーザーだけが利用できるが、フィードバックを得ながら開発を迅速に進め、できるだけ早くすべてのユーザーが使えるようにするとしている。

[Facebook公式ブログへの投稿記事]