PR

 KDDIは2010年7月29日、集合住宅向けのFTTHサービス「auひかりマンション」の初期費用について、これまでタイプ別に異なっていた金額を、2010年9月1日の申し込み受け付け分から改定して1万5750円に統一すると発表した。統一対象のタイプは、「マンションタイプV」(変更前1万7850円)、「マンションタイプE」および「同タイプF」(同1万5750円)、「マンション都市機構タイプ(100M方式)」(同1万2600円)の4タイプである。「マンション都市機構タイプ(16M方式)」と「マンション一括契約型」には適用されない。

 また対象期間中に新規契約し、ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)として「au one net」を選んだ利用者を対象に、プロバイダー料金を加入後1年間割り引くキャンペーンを実施する。キャンペーン期間は2010年9月1日から10月31日である。通常月額3000~3800円のISP利用料を、12カ月間月額2980円に割り引く(口座振替・クレジットカード利用による105円の割引適用後の料金)。さらにそこから月額1312.5円を、12カ月間割り引く。なお、この割引キャンペーンも、「マンション都市機構タイプ(16M方式)」と「マンション一括契約型」は適用外である。

[発表資料へ]