PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Dellは米国時間2010年8月24日、米Googleのモバイルプラットフォーム「Android」を搭載したスマートフォン「Aero」の米国発売を発表した。本体価格は299.99ドルで、米AT&Tの通話およびデータプランを2年間契約した場合は99.99ドルとなる。Dellの通販またはAT&Tの店舗を通じて販売する。

 3.5インチのマルチタッチ対応スクリーンは画像解像度が640×360ピクセル(nHD)。外寸は0.46インチ(約11.7mm)×4.8 インチ(約121.9mm)×2.28インチ(約57.9mm)で、重さは104グラム。ストロボ付き8倍ズームの500万画素デジタルカメラを内蔵。WiFiおよびBluetooth無線機能や、GPS機能を備える。米Adobe SystemsのFlashに対応したフルHTMLブラウザを搭載する。

 Office文書を閲覧するソフトウエア「Quick Office」が付属するほか、SNSサイト「Facebook」やミニブログサービス「Twitter」、Googleの各種サービスに手軽にアクセスする機能を統合した。

 AeroはDellにとって最初の米国向けスマートフォンとなる。米国以外では昨年11月に、Androidベースのプラットフォーム「OPhone」を採用した「Mini 3」を中国向けに発売している(関連記事:Dellがスマートフォン市場参入,端末は中国移動の「OPhone」がベース)。

[発表資料へ]