PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2010年8月25日、同社のWebメールサービス「Gmail」において、一般電話への音声通話発信を可能にしたと発表した。これまで社内でテストしてきた機能で、同日より数日以内に全米のユーザーが利用できるようにする。

 Gmailは既に、音声およびビデオチャット機能を提供しているが、いずれもユーザー同士がPCの前に座っていなければならなかった。今回追加する電話機能により、相手がPCの前にいなくても呼び出し会話ができるようになる。利用には、音声およびビデオチャット用のプラグインをインストールする必要がある。

 操作方法は、Gmailのチャット機能に表示された「Call phone」をクリックし、キーパッドで一般電話機のようにボタンを押すか、連絡先情報に登録してある相手の名前を入力すればよい。音声通信管理サービス「Google Voice」のアカウントを取得しているユーザーが電話をかけると、相手にはGoogle Voice番号が表示される。Google Voice番号にかかってきた電話をGmail内で受け取るようにも設定できる。

 通話料は、米国およびカナダへは年内は無料にする。日本への通話は固定電話が1分当たり0.02ドル、携帯電話は同0.11ドルだ。英国、フランス、ドイツ、中国の固定電話にも1分当たり0.02ドルで発信できる。ルクセンブルクのSkypeが提供するVoIPサービスの場合、米国とカナダ、英国、ドイツ、フランスへの通話料が1分当たり0.021ドルになる。

 今回の電話機能は、米国以外にも拡大する予定という。

[発表資料へ]