PR

 NTTドコモは2010年8月27日、スマートフォン向けのISPサービス「spモード」を2010年9月1日午前9時から提供すると発表した。spモードを利用することで、Xperiaを始めとする同社のスマートフォンからインターネット接続できるほか、コンテンツ決済サービスや「@docomo.ne.jp」アドレスを使ったメールサービスを利用できるようになる。月額使用料は315円である。

 メールサービスの利用には、spモードメールアプリをスマートフォンにダウンロードする必要がある。アプリケーションはドコモマーケット経由でAndroid MarketやWindows Marketplace for Mobileにアクセスして入手する。

 spモードはオプションサービスとして、メールによるウイルス感染を防ぐ「メールウイルスチェック」、有害サイトへのアクセスを制限する「spモードフィルタ」や「spモードフィルタカスタマイズ」も利用できる。月額使用料はいずれも無料だ。

 spモードを利用できるNTTドコモのスマートフォンは、Xperia SO-01B、LYNX SH-10B、dynapocket T-01B、T-01A、SC-01Bの5機種。Xperiaでspモードを利用するには、事前に「spモード対応機能バージョンアップ」を行う必要がある。

[発表資料へ]

■変更履歴
最終段落で紹介した機種名についてXperia SO-01B3はXperia SO-01B、T-01A4はT-01Aの誤りでした。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2010/09/15 19:50]