PR
写真1●セコムの前田修司社長
写真1●セコムの前田修司社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●セコムの新システムが不審者を検知する様子
写真2●セコムの新システムが不審者を検知する様子
[画像のクリックで拡大表示]

 セコムは2010年8月31日、画像認識技術や音声認識技術を利用したセキュリティシステム「インテリジェクト非常通報システム」を開発したと発表した。9月21日に販売を開始する。

 インテリジェクト非常通報システムでは、店舗や事務所内に専用カメラなどを設定し、店内の様子を撮影・録音する。画像や音声を分析し異常を検知した場合は、セコムのコントロールセンターに自動的に信号を送る。

 警報装置を操作しなくてもセコムのセンターに通報できるのが利点だ。「とっさのことに警報ボタンを押せないケースにも対応できる」と、セコムの前田修司社長(写真1)は同システムの意義を説明する。

 撮影した画像や音声は、4つの観点で分析する。(1)不審者の検知、(2)複数人検知、(3)悲鳴の検知、(4)緊縛の検知--である。

 (1)の不審者検知では、画像に映る人物が覆面やフルフェースのヘルメットをかぶっているかどうかを検知する(写真2)。(2)の複数人検知では、金庫などの重要物に複数の人物が近づく動きをチェックする。

 (3)の悲鳴検知では、マイクで録音した音声に、悲鳴や怒鳴り声が入っているかどうかを調べる。(4)の緊縛検知では、人物の姿勢や動きを認識する技術を使い、誰かが縛られているかどうかを検知する。

 料金は、月額2万4000円から。9月21日の販売開始時は(1)~(3)の機能を提供。(4)の緊縛検知機能についてのみ、年内に利用可能にする予定である。