PR

 富士通ラーニングメディアが2010年10月から、グーグルのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)である「Google App Engine(GAE)」を使ったアプリケーション開発の研修サービスを開始する。同社は2010年4月からセールスフォース・ドットコムのPaaS「Force.com」に対応した研修サービスも行っており、PaaSのコースはこれで二つ目。

 コース名は「Google App EngineによるWebアプリケーション開発」で、GAEが備えるAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)や、GAEのデータベースである「データストア」を使用したプログラムの開発手法が学べる。電子メールなどを含むSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)である「Google Apps」とGAEとの連携などもカバーする。研修は2日間で、価格は7万5600円。

 同社は10月以降、GAEやForce.com向けのアプリケーション開発コースのほか、Google Appsの導入コースも開設する。富士通ラーニングメディアはGoogle Appsの自社利用を始めており、自社で体験した知見も交えて、Google Appsの業務での活用法などを教えるとしている。