PR

 アプリックスは2010年9月1日、NTTドコモのスマートフォン向けのISPサービス「spモード」において、Android端末向けのメールアプリケーションを開発したと発表した。spモードは、Xperiaを始めとするスマートフォンに対して提供しているインターネット接続サービス、iモードのアドレス(@docomo.ne.jp)を使ったメールサービス、コンテンツ決済サービスの総称である。

 メールアプリケーションを利用することで、「@docomo.ne.jp」のアドレスが使えるだけではなく、絵文字やデコメールの使用、メール自動受信、メールボックスのフォルダ分け、メールの検索が可能になる。これらは、アプリックスが開発したスマートフォンにメール機能などを提供する「emblend core」という技術を、NTTドコモへライセンス提供することで実現した。

 「emblend core」はアプリックスが2010年8月24日に発表しており、メールサービス以外に待ち受け画面や操作画面などの着せ替え、デコメテンプレートや着メロの配信、メールニュースとホームページの連動といった機能の提供も可能としている。

[発表資料へ]