PR
島根県松江市で開催された「RubyWorld Conference 2010」で「Ruby Association Certified Ruby Programmer Gold」を発表するまつもとゆきひろ氏
島根県松江市で開催された「RubyWorld Conference 2010」で「Ruby Association Certified Ruby Programmer Gold」を発表するまつもとゆきひろ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Rubyアソシエーションは2010年9月6日、Ruby技術者認定試験の上位版「Ruby Association Certified Ruby Programmer Gold」を発表した。2010年初冬に受験申し込み受け付けを開始する。

 「Ruby Association Certified Ruby Programmer」は、まつもとゆきひろ氏が理事長を務めるRubyアソシエーションが実施、伊藤忠テクノソリューションズが委託を受け運営するRuby技術者認定試験。現在、初級の「Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver」の認定試験を行っている。

 「Ruby Association Certified Ruby Programmer Gold」はSilverの試験範囲である「実行環境、文法、組み込みライブラリ、オブジェクト指向」に加え「標準添付ライブラリ」も試験範囲とする。Silverに合格していなくともGoldを受験できる。Goldの受験料は、Silverと同じ税込み1万5750円。

 また「Ruby Association Certified Ruby Programmer」の公式Twitterアカウント@rubycpを開設した。試験の最新情報はRubyアソシエーションの公式サイトに加えTwitterアカウントでも告知していく。

[発表資料(PDF)]