PR
[画像のクリックで拡大表示]

 サイバーステーションと日本サムスンは2010年9月7日、共同開発したデジタルサイネージ・システム「ハルヱとケイジdeデジサイン」の販売を開始すると発表した。デジタルサイネージ・システムを運用するために必要なコンテンツやコンテンツ管理・配信システム、セットトップボックス(STB)の機能を内蔵したディスプレイが一まとめで提供されるため、導入が容易だという。設置する月額利用料は5000円である。2010年9月29日から発売する。

 日本サムスンはこれまでも、液晶ディスプレイとSTBが一体化したデジタルサイネージ端末「ハルヱとケイジ」を販売している。ただし表示するコンテンツや表示タイミングは端末に挿入するUSBメモリーで管理していた。設置台数が多い場合や設置場所が離れている場合は、コンテンツ管理に手間がかかる可能性があった。サイバーステーションはネットワーク経由でコンテンツを配信する「デジサイン」を提供しており、これと組み合わせることでこうした手間が軽減できるという。

 デジサインの機能はこれまで提供していたものと同じであるが、ハルヱとケイジがディスプレイを縦向けにも設置できるタイプであることから、縦向けにコンテンツを表示できるように改良している。さらに縦向けのコンテンツを作成するためのテンプレートも用意した。そのほか、Flashコンテンツを表示できるようになった。

 費用は月額利用料5000円のほか、初期費用が4000円とデジタルサイネージ端末「ハルヱとケイジ」の購入費用がかかる。デジタルサイネージ端末の価格は32インチ型の場合、19万8000円程度だという。

[発表資料へ]