PR

 米Dellは米国時間2010年9月7日、Windows XPを搭載したパソコンの販売停止について明らかにした。2010年10月22日をもって、Windows XPのProfessionalおよびHomeの各エディションを搭載したパソコンの出荷を終了する。

 同社はこの措置について、「Microsoftのガイドラインに従ったもの」と述べている。Dellは、10月22日の期限を踏まえ、9月中にWindows XPをオプション項目から外す。しかしWindows XPのドライバサポートは2012年12月まで継続する。

 Dellで新たなマシンを注文した場合、OSとしてWindows 7 Professionalエディション以上を選択すればWindows XP Modeを利用できる。

 また、MicrosoftがWindows XPへのダウングレード権延長を決定したため、ユーザーは購入したマシンにメディアを使ってWindows XPをインストールすることができる。

 さらに、Dellの「Custom Factory Integration」サービスを利用すると、Windows XPイメージファイルを工場出荷時にインストールする方法を通じて、Windows XPパソコンを入手できる。