PR

 米Amazon Web Servicesは2010年9月9日、IaaS(Infrastructure as a Service)「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」において、1時間当たり1円台の料金で利用できる「Microインスタンス」を追加したと発表した。OSがLinux/UNIXの場合は1時間当たり2セント(約1.7円)、Windowsの場合は1時間当たり3セント(約2.5円)となる。

 仮想マシンのスペックはプロセッサが1ECU 、主記憶容量は613Mバイト。内蔵ディスクは持たず、Amazon EC2のストレージオプション「Amazon Elastic Block Store(EBS)」を別途契約する必要がある。ECUは「EC2 Compute Unit」の略で、Amazon EC2でのプロセッサ処理能力の目安。1ECUでOpteronまたはXeonプロセッサ1.0~1.2GHzに相当する。

 MicroインスタンスはAmazon EC2で最も安価で小規模なサービスとなる。小規模なWebサイトやWebアプリケーション、監視などの軽量なジョブの処理に向くとしている。

 Microインスタンスだけの機能として「CPUバースト」を搭載する。アクセスが集中したりした場合に、一時的に最大2ECUまでプロセッサの処理能力を引き上げる。こうした機能はEC2のほかのサービスでは提供していない。