PR

 イー・モバイルは2010年9月14日、利用できるプロトコルを制限した新料金プラン「データプランB」、「データプラン21B」を9月17日に開始すると発表した。

 両プランは、ファイル交換やストリーミング、オンラインゲームなどの利用を制限したうえで上限の通信量を5Gバイトとする代わりに、月額料金を抑えたのが特徴。同社の通常の「データプラン」が月額4280円(ベーシック、にねん得割適用時)であるのに対し、「データプランB」は月額3680円(同)。下り最大21Mビット/秒に対応した通信プランも、通常は「データプラン21」が月額5280円(同)のところ、プロトコルを制限した「データプラン21B」では月額4280円(同)とした。

 データプランB、データプラン21Bを利用するには、端末上で専用の接続先「emb2.ne.jp」を設定する必要がある。制限される通信は、WinnyやWinMXで利用するPeer to Peer、インターネットラジオなどのストリーミングの一部、SecondLifeなどのオンラインゲーム、IPsecやPPTPなどのVPN通信、Windowsファイル共有など。ストリーミング型を除けば、YouTubeやニコニコ動画などの動画視聴は利用できるという。

 なお5Gバイトの通信量制限は、2011年6月から開始する。

[発表資料へ]