PR
「日本OpenOffice.org & OpenDocument Format利用推進グループ」設立記者会見の模様。理事に就任したアシストの神谷昌直氏(左)とNTTコムウェアの堀坂良治氏(右)
「日本OpenOffice.org & OpenDocument Format利用推進グループ」設立記者会見の模様。理事に就任したアシストの神谷昌直氏(左)とNTTコムウェアの堀坂良治氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 アシスト、NTTコムウェア、住友電気工業、住友電工情報システムの4社は2010年9月14日、「日本OpenOffice.org & OpenDocument Format利用推進グループ」(ODPG)を設立したと発表した。15の企業・団体が参加した。

 ODPGの目的はオープンソースのオフィスソフトであるOpenOffice.orgと、その標準ファイル形式であるOpenDocument Format(ODF)の企業・団体における利用促進。ノウハウの共有やコミュニティの活動支援などに取り組むとしている。

 参加した企業・団体は、発起人であるアシスト、NTTコムウェア、住友電気工業、住友電工情報システムのほか、アイコクアルファ、会津若松市、クリオン、コミューチュア情報システム、三洋機工など。理事長に住友電気工業の奈良橋三郎氏、理事にアシストの神谷昌直氏とNTTコムウェアの堀坂良治氏が就任した。

 コミュニティの活動支援の第一弾として、OpenOffice.org日本語プロジェクトの翻訳と品質保証への協力者を養成するインターンシッププログラム(関連記事)の募集を支援するとしている。またOpenOffice.org日本ユーザー会とも連携して活動していきたいとの意向を示した。