PR
写真1●交代がささやかれる原口総務大臣の政務三役会議
写真1●交代がささやかれる原口総務大臣の政務三役会議
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●最後には“チーム原口”を構成する内藤正光総務副大臣、渡辺周総務副大臣などとともに記念撮影する場面も
写真2●最後には“チーム原口”を構成する内藤正光総務副大臣、渡辺周総務副大臣などとともに記念撮影する場面も
[画像のクリックで拡大表示]

 「光の道は必須。人事がどうなるかは分からないが、次の人(総務大臣)にも引き継ぎたい」---。原口一博総務大臣は2010年9月16日に開催した総務省政務三役会議(写真1)でこう話し、2015年にブロードバンドの利用率100%を目指す「光の道」構想について改めて強いこだわりを見せた。

 原口大臣は、17日に予定する内閣改造によって大臣交代がささやかれている。そのためこの日の三役会議では、政権交代からこの1年間、政務三役が“チーム原口”として取り組んだ成果を、当初の予定を大きく上回る1時間半近くの時間を費やして振り返った。

 具体的な成果として、記者会見のオープン化や地域主権改革の推進、「光の道」戦略大綱、電波再編の環境整備など30項目を挙げ、次のチームへの引き継ぎを確認した。最後には“チームの解散”を悟ってか、記念撮影する場面もあった(写真2)。

・総務省政務三役会議(9月15日開催資料)