PR

 米Microsoftは米国時間2010年9月27日、オンラインサービス「Windows Live」におけるブログ機能提供について、米Automatticが運営するブログサービス「WordPress.com」と提携を結んだことを明らかにした。Microsoft独自のブログプラットフォーム「Windows Live Spaces」を終了し、WordPress.comを採用する。

 同日より、Windows Live Spacesの既存ユーザーに、WordPress.comへの移行を簡素化する手段を提供する。Spacesユーザーは、すべてのブログ記事、コメント、掲載画像をWordPress.comに移行することができる。過去記事のすべてのURLは新たなWordPress.comブログのURLにリダイレクトされる。

 また、WordPress.comブログの更新情報をWindows Liveの仲間に通知できるようにする「Messenger Connect」も提供する。

 新規のWindows Liveユーザーがブログを始めようとする際には、WordPress.comのブログ開設プロセスを表示する。今秋リリース予定のオンラインアプリケーション新版「Windows Live Essentials 2011」では、ブログ編集ツール「Writer」はWordPress.comを標準ブログサービスとして使用する。

 Microsoftは、「WordPress.comは拡張性の高いプラットフォーム、高度なスパム防止機能、豊富なカスタマイズ機能などを備えている。Windows Liveのブログサービスに投資するより、WordPress.comを通じて優れたブログ技術を提供する方が顧客にとって最も良いことだと判断した」と述べている。

[発表資料へ]