PR
米Evernote CEOのPhil Libin氏(写真:久保田浩=日経NETWORK)
米Evernote CEOのPhil Libin氏(写真:久保田浩=日経NETWORK)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Evernoteは2010年9月29日、日本における新パートナーを披露した。この日登場したのは、学研や東急ハンズ、NECビッグローブ、キングジムなど。CEOのPhil Libin氏は「日本のEvernoteユーザーは米国の57%に次ぐ約18%で、3位以下の20カ国を合わせたより多い」と述べ、日本市場を重視する姿勢を強調した。

 Libin氏は「米国では2週間前に初めてEvernoteの書籍が発行されたが、日本ではすでに8冊出版されている」と日本での浸透ぶりを紹介。「米国以外では日本でのみ、フルタイムの日本人スタッフを置いている」という。

 Libin氏は、2010年7月に開始したEvernoteのオンラインカタログ機能「トランク」のパートナーとして、学研と東急ハンズを紹介した。学研は、「大人の科学実験村」というコンテンツをトランクに登録している。トラックをまるごと1台ピンホールカメラとして写真を撮影するなど、大人ならではの科学実験を実際にやってみたレポートだ。東急ハンズは、同社で販売している道具や材料を使った手作りヒント集「HINTファイル」を掲載している。

 次に紹介したのは、WebページをEvernoteに保存する「サイトメモリー」と呼ぶ機能のパートナー。NECビッグローブは、温泉旅行情報サイト「BIGLOBE 温泉」と女性向けポータルサイト「BIGLOBE Kirei Style」のレシピ検索ページに、サイトメモリーに情報を記録できるボタンを10月末に設置する。

 また、Webメディアとしてアイティメディアと日経BP社のITproが紹介された。アイティメディアは、同社の@IT 自分戦略研究所にサイトメモリーボタンを設置した。ITproでも、近くサイトメモリーボタンを実装する。またITproが10月18日から20日開催するITpro EXPO 2010の展示会では、Libin氏が基調講演に登壇する(関連記事)。

 スマートフォン関連では、ジャストシステム、キングジム、フライトシステムコンサルティングが登場した。

 ジャストシステムは、9月21日に発表したばかりの「ATOK Pad for iPhone」で、書いた内容をEvernoteに転送できるボタンを設けている。またキングジムは、同社の「ポメラ」に書き込んだ内容をQRコードとして表示したものを読み取るiPhoneアプリ「ポメラQRコードリーダー」が同日Evernoteに対応したことを発表した。フライトシステムコンサルティングは同日、Twitterアプリケーション「TweetMe for iPhone」で、検索した情報などをEvernoteに記録するボタンを新設した。

 またNTT東西地域会社は、スキャナやメモリーカードのデータをパソコンを使わずにEvernoteに記録できる機器「N-TRANSFER」を9月27日に発表した(関連記事)。

 会見には、「EVERNOTE スターターパック」を販売しているソースネクストの代表取締役社長 松田憲幸氏も参加。松田氏によれば、「EVERNOTE スターターパック」は比較的年齢の高いユーザーも購入しており、80才台のユーザーもいるという。

 Libin氏によれば、現在2000以上のサードパーティがEvernote APIを利用した製品を作っており、約250製品がすでに市場に投入されているという。そのうち約半数が日本のデベロッパーであるという。「我々はパートナーのビジネスモデルに一切の制限を設けない。広告掲載も、有料化も自由だ」(Libin氏)。アフィリエイトプログラムも用意しており、ユーザーがEvernoteに支払う最初の10ドルをパートナーに分配する。

 今後の動向としてLibin氏は、Androidに大きな期待をもっているという。6カ月前と比べたアクティブユーザー数は、Windows MobileやPalmが減っているのに対し、iPhoneやiPadなどiOS搭載機が126%増と2倍以上に増加。Androidはさらに、613%増と7倍以上増加しているとする。会見の最後に登場したNTTドコモ スマートフォン事業推進室 アプリケーション企画 担当部長 山下哲也氏は、「Evernoteが広がっている最大の理由はオープンであるから。Androidが拡大している理由も同じくオープンだから。これからのインターネット革命はパーソナルな情報を記録することがカギになる。Evernoteはまさにそのためのサービス」と語った。

■変更履歴
第4段落で「NECビッグローブは(中略)ボタンを設置した」としていましたが、正しくは「NECビッグローブは(中略)ボタンを10月末に設置する」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2010/09/30 20:00]