PR

 ジュピターテレコム(J:COM)と東北新社、ファミリー劇場の3社は2010年10月12日、J:COMがファミリー劇場との共同企画として、VODサービス「J:COM オンデマンド」上で3D映画「牙狼<GARO>~RED REQUIEM~」(東北新社が制作)の試写会を行うと発表した。10月30日からの劇場公開に先駆けて行う。「3D映画のオンデマンド試写会は日本初の取り組み」(J:COMなど3社)という。

 J:COM オンデマンドでの試写会に加え、ジェイコムショップの店頭(全国10店舗)に設置した3Dテレビでの試写会も開催する。3D試写会には、事前に応募をして抽選で選ばれた合計200人が参加できる。内訳は、J:COM オンデマンド試写会が150人、ジェイコムショップ試写会は50人である。

 J:COMは3D映画の話題作をVODサービスで提供して、J:COMの利用者の満足度を高めるとともに、J:COM オンデマンドの利用促進を狙う。東北新社は、今回の試写会に最新作を提供することで、通常の劇場公開とは異なる新たなファン層の開拓を図る。なおファミリー劇場は、同作の公開に合わせて、特別番組「3D映画「牙狼<GARO>~RED REQUIEM~」のすべて」やテレビシリーズ「牙狼<GARO>」など関連作品を10月に放送する。

[報道資料へ]