PR

 インドITベンダーのパトニ・コンピューター・システムズは2010年10月11日、中国・蘇州にITサービス拠点となるデリバリセンターを開設したと発表した。

 パトニのデリバリセンターは、「蘇州ソフトウエア&テクノロジーパーク」内に開設。面積は約3400平方メートルで、約500人の従業員を収容可能という。センターの建物には、警備員や監視カメラ、赤外線などのセキュリティシステムを備える。

 主に現地で採用した約200人が勤務する予定。揚子江地域の多国籍企業向けに、システム開発や保守サポートなどのサービスを提供する。

 パトニは、金融機関や製造業などを顧客に抱え、従業員数は1万5000人以上。2009年の売上高は6億5600万ドルだった。