PR
Gary Kovacs氏
Gary Kovacs氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米Mozillaは米国時間2010年10月14日、新たな最高経営責任者(CEO)にGary Kovacs氏を任命したと発表した。11月8日付けで就任する。同社では、今年5月に現CEOのJohn Lilly氏が年内退社の意向を表明していた(関連記事:MozillaのCEO、年内退社の意向をブログで公表)。

 Kovacs氏は、大手IT関連企業の幹部を歴任した人物。米Sybase(ドイツSAPが買収)で市場/ソリューション/製品担当上級バイスプレジデント、米Adobe Systemsでモバイルおよびデバイス担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、米Macromedia(Adobeが買収)で製品マーケティング担当バイスプレジデントなどを務めた。それ以前は、米IBMに10年間勤務し、ソフトウエア部門で製品管理、販売、マーケティング、営業などの指導的立場を経験した。組み込み向けソフトウエアのカナダZiの立ち上げにもかかわった。

 Mozillaは、過去半年にわたって次期CEOの選出に取り組んでいた。Lilly氏と同社会長のMitchell Baker氏は、Kovacs氏について「執行手腕があり、Webの将来において重要なモバイル分野とリッチメディア分野に造詣が深く、組織の大きな変化を経験している点に注目した」という。また「協調性のある人柄や人間性がMozillaに合っている」と評価している。

 Kovacs氏は11月から、MozillaおよびオープンソースWebブラウザ「Firefox」の全体的な方向性を示す責任を担うことになる。

[発表資料へ]