PR
写真●シトリックス・システムズ・ジャパンが出展している「Citrix Receiver for iPad」
写真●シトリックス・システムズ・ジャパンが出展している「Citrix Receiver for iPad」
[画像のクリックで拡大表示]

 シトリックス・システムズ・ジャパンは、ITpro EXPO 2010の「テクノロジー最前線」ブースに「Citrix Receiver for iPad」を出展している。

 Citrix Receiver for iPadは、デスクトップ仮想化ソリューション「Citrix XenDesktop」およびアプリケーション仮想化ソリューション「Citrix XenApp」のiPad向けクライアントアプリケーション(写真)。通信プロトコルにICA(Independent Computing Architechuture)を利用し、帯域幅の小さな環境でもリッチな操作性を出せるという。iPad以外にMac OS/Windows/Linux/Windows Mobile/Androidなど多様なプラットフォームに対応する“ユニバーサルクライアント”であるのも特徴。

 ブースでは、オフライン利用に対応するモバイル環境向けデスクトップ仮想化ソリューション「Citrix XenClient」も展示。こちらは直接ハードウエア上で動作するハイパーバイザー型の仮想化ソフトで、インテルのvProを使用する(ただし動作対象機種は指定されている)。単体でOSを動作させることができるほか、「Synchronozer for XenClient」というデスクトップ管理ツールを使うことで、OSイメージをXenClientに配信したり管理することが可能である。