PR
写真1 認定証の交付式に参加した放送事業者の代表(左からIMAGICAティーヴィ、Jスポーツ、釣りビジョン、日本映画衛星放送)
写真1 認定証の交付式に参加した放送事業者の代表(左からIMAGICAティーヴィ、Jスポーツ、釣りビジョン、日本映画衛星放送)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 認定証を受け取るブロードキャスト・サテライト・ディズニーの代表取締役社長の田中久也氏
写真2 認定証を受け取るブロードキャスト・サテライト・ディズニーの代表取締役社長の田中久也氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3 片山善博総務大臣
写真3 片山善博総務大臣
[画像のクリックで拡大表示]

 片山善博総務大臣は2010年10月19日、5事業者に対してBSデジタル放送(特別衛星放送)の委託放送業務の認定証を交付した。認定証を受けたのは、IMAGICAティーヴィとジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング(Jスポーツ)、釣りビジョン、日本映画衛星放送、ブロードキャスト・サテライト・ディズニーである(写真1)。

 5事業者の代表者は、順番に認定証を受け取った(写真2)。総務省は2010年10月13日の電波監理審議会において今回の委託放送業務の認定案を諮問し、原案を適当とする答申を受けていた。

 片山大臣は認定証の交付後、5事業者に対し、「厳正・公正な審査を経て、今回、皆さんが認定を受けることになりました」と述べたうえで、「放送は非常に社会的使命と公共性が問われる分野。そこのところをしっかりと自覚しながら頑張っていただきたい。国民の視聴者の皆さんに質の高い放送を届けるように心がけてほしい」と要望した(写真3)。