PR
写真1●展示されていたネオジャパンのグループウェア「desknet's」
写真1●展示されていたネオジャパンのグループウェア「desknet's」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●iPadでdesknet'sを利用できるいいじゃんネットのモバイルソリューション「CACHATTO」
写真2●iPadでdesknet'sを利用できるいいじゃんネットのモバイルソリューション「CACHATTO」
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●desknet'sのウェブメールを自動翻訳するエキサイトの参考出展
写真3●desknet'sのウェブメールを自動翻訳するエキサイトの参考出展
[画像のクリックで拡大表示]

 ネオジャパンは2010年10月18~20日に開催された「ITpro EXPO 2010」で、グループウェア「desknet's」を展示(写真1)。「日経コンピュータ」2010年8月18日号掲載の第15回顧客満足度調査 グループウエアソフト部門で第1位を獲得したことをアピールした。

 desknet'sの特徴は、ポータルやスケジュール管理、ToDo、ウェブメールなど、標準で23種類の機能を利用できること。「多機能でありながら、見やすい画面構成で、誰でも簡単に操作できる点も評価されている」(ネオジャパン プロダクト事業本部 第一営業部 課長 早馬一郎氏)。

 desknet'sを起動させると、「共通」と「MYポータル」というタブが表示される。共通タブには、全社で共有したい情報が掲載されるのに対し、MYポータルでは、ガジェットを自由に組み合わせることによって、各人が思い通りの画面を構成することができる。「twitterなどのdesknet's以外のコンテンツを張りつけることも可能」(早馬氏)。

 desknet'sは、パッケージ版のほかにSaaSでも提供されており、パッケージ版は5ユーザーから(エンタープライズ版は100ユーザーから)、SaaSでは20ユーザーから利用することができる。

 ネオジャパンのブースでは、desknet'sと連携できるアプリケーションを提供するパートナー企業8社も共同出展していた。

 そのなかの一つ、いいじゃんネットは、携帯電話やスマートフォンからセキュアにdesknet'sを利用できるソリューション「CACHATTO(カチャット)」を展示(写真2)。導入方法は簡単で、CACHATTOソフトがインストールされたサーバーを社内LANに設置すれば、いいじゃんネットが運営するデータセンター内に設置されたCACHATTOアクセスポイントとポーリング通信を行う。このポーリングには、HTTPSを利用しているため、ファイアウォールの設定やインターネット上にメールサーバー、アプリケーションサーバーを公開する必要がない。「シンクライアントのようなイメージでモバイル端末を利用できる」(いいじゃんネット)。

 エキサイトは、desknet'sのウェブメールを、日本語と英語に自動翻訳するソリューションを参考出展(写真3)。「来年1月から無料で利用できるテストマーケティングを行う予定」(エキサイト メディア事業本部 アライアンス事業部 内野亮子氏)。詳細はネオジャパンから発表されるという。