PR

 中堅企業向けビジネスアプリケーションの米Inforは米国時間2010年10月25日、元米Oracle幹部のCharles Phillips氏を新たな最高経営責任者(CEO)に任命したことを明らかにした。12月1日付けで就任する。

 Phillips氏は、直近ではOracleの社長を務め、米BEA Systems、米Hyperion Solutions、米Siebel Systemsなどの買収戦略で重要な役割を果たした。同氏の7年にわたる在籍中に、Oracleの売上高は300%近く拡大したという。Oracleが米Hewlett-Packard(HP)の元CEOであるMark Hurd氏を社長として迎えた今年9月に同社を退社した(関連記事:前HP CEOのマーク・ハード氏、オラクル社長に就任)。なおHPでは、ドイツSAPの前CEOであるLeo Apotheker氏を新たなCEOに任命している(関連記事:HPが新CEOを選出、SAP前CEOのApotheker氏)。

 Phillips氏が今後指揮を執るInforは、これまで約70社を買収して事業を統合し、現在8000人以上の従業員を抱える。航空、衣料、自動車、ハイテク、生命科学、金融サービスなどさまざまな業界で、世界に7万社以上の顧客を持つ。現CEO兼会長のJim Schaper氏は、CEO退任後も会長職にとどまる。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]