PR
マピオンの本城博昭氏
マピオンの本城博昭氏
[画像のクリックで拡大表示]
GClueの齋藤保彦氏
GClueの齋藤保彦氏
[画像のクリックで拡大表示]
BLOCCOの画面。Eventが起きた際に実行するActionを設定する
BLOCCOの画面。Eventが起きた際に実行するActionを設定する
[画像のクリックで拡大表示]
メタデータの松田圭子氏
メタデータの松田圭子氏
[画像のクリックで拡大表示]
ヤマハの宮木強氏(左)と剣持秀紀氏(右)
ヤマハの宮木強氏(左)と剣持秀紀氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]
はてなの田中慎司氏
はてなの田中慎司氏
[画像のクリックで拡大表示]
Mashup Awards 運営事務局のリクルート メディアテクノロジーラボ 山本大策氏
Mashup Awards 運営事務局のリクルート メディアテクノロジーラボ 山本大策氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「どんな面白いことができるか、いろんなアイディアを試してほしい」――。Webサービスを組み合わせたアプリケーション(マッシュアップアプリケーション)の開発コンテストを開催するMashup Awards実行委員会は2010年10月27日、コンテストへの参加者を支援するためのイベント「MA6 Mashup Caravan Android/VOCALOID Talks」を開催した。

 Mashup Awardsは2006年から開催されているコンテスト。今回の「Mashup Awards 6(MA6)」には、56社が179のWebサービスを提供しており、参加者はこれらWebサービスを組み合わせてアプリケーションを開発する。この日のMashup Caravanでは、AndroidとVOCALOIDをテーマにWebサービスの提供企業がそれぞれのサービスAPIを解説し、活用を呼びかけた。

マピオンの地図をAndroidで

 マピオンの本城博昭氏は、「Mapion Android Maps API」を紹介した。同社がAndroid向けに提供しているAPIである。Google Mapsに比べて導入が容易で、携帯電話以外のAndroid搭載組み込み機器でも利用できるという。「何よりマピオンの地図であることが特徴。マピオンの地図は毎日更新している」(本城氏)と話す。今後は地図データのキャッシュ機能や、Androidに最適化した地図画像表示機能を追加したいとしている。

Androidアプリ同士を組み合わせて動作させる「BLOCCO」

 GClueの齋藤保彦氏は、同社がNTTドコモと共同開発した「BLOCCO」を紹介した。、Androidアプリ同士を連携させるアプリである。あるアプリであらかじめ設定しておいたイベントが発生すると、別のアプリで特定の動作をさせられる。例えば、打ち合わせのメールを受信したら経路探索アプリを起動し、文中にある地名への行き方を自動的に調べるといったことができる。

 BLOCCOのアクションを開発するためのSDKを提供する。Twitterに投稿するための「BloccoTweet」が、その一例。BloccoTweetを使えば、画面上に指で図形を書くと、設定しておいた文章や、現在地、現在時間などをTwitterに投稿できるようになる。

「5W1H」と「大人なツイート」を抽出

 メタデータの松田圭子氏は、同社の「5W1H API」と「大人なツイートAPI」を紹介した。「5W1H API」は、日本語を入力すると「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どうした」「どのように」という5W1Hを抽出するAPIである。メールから人名や企業名、日付などを抽出し、salesforceデータと照合するためのツール「salestractor」や、仮想の“メイドさん”にメールを送ってスケジュール登録ができるサービス「メイドめーる」などに採用されている。

 「大人なツイートAPI」は、文字列を指定すると、Twitterからその単語を含む“大人なツイート”を返すAPIだ。“大人なツイート”とは、「有害判断基準で『アダルト』の疑いありと判断される単語を含むツイート」(松田氏)である。MA6向けに用意した。松田氏は、「MA6で最も不埒なAPIと言われている(笑)。しかし、セクシーはマーケティングにおいて人の琴線に触れる要素の一つ。ぜひ活用してほしい」と話す。

話すVOCALOIDをWeb APIから利用

 ヤマハの剣持秀紀氏と宮木強氏は「NetVOCALOID-flex API」を紹介した。VOCALOID-flexは、歌声や話し言葉を区別せずに生成する音声合成エンジンで、ソフトウエアパッケージとして販売している。NetVOCALOID-flex APIは、WebサービスとしてVOCALOID-flexを使用するためのAPIである。セリフやタイミングなどを記述したXMLファイルを入力すると、合成音声をmp3ファイルとして提供する。ピッチ(抑揚)を変化させることで、話し方を変えることができる。

 MA6の期間中のみ、無料でNetVOCALOID-flex APIを開放する。「VOCALOIDはまだこれからの技術。いろんなアイディアを試してほしい」(宮木氏)という。

はてなのAndroidアプリ向けAPI

 はてなの田中慎司氏は、同社が提供するAndroidアプリ向けAPI「フォトライフAPI」と「ログイン管理API」を紹介した。前者は、外部アプリケーションから、写真共有サービス「はてなフォトライフ」に写真をアップロードしたりするためのAPI。後者は、はてなの各種サービスにログインするためのAPIだ。それぞれが、はてなが提供するAndroidアプリ「はてなフォトライフ for Android」と、「はてなログイン管理 for Android」を呼び出す。田中氏は「将来は、はてなのサービスに合わせて各種APIを公開したい」と語った。

締め切り前日の11月7日は直前合宿を開催

 Mashup Awardsの理念について、運営事務局のリクルート メディアテクノロジーラボの山本大策氏は、「Quality of Developer's Lifeの向上と日本のWebサービスの発展」であると説明する。MA6では、Android関連を含め80以上の賞が設定されている。

 MA6ではMashup Caravanや開発合宿「Mashup Camp」を、地図情報やゲームなどをテーマに実施している。作品応募の締切は11月8日。前日の11月7日には「Mashup Camp - 締切直前スペシャル」と題した日帰り開発合宿も開催する予定だ。