PR
弥生会計 11スタンダード(左)とやよいの青色申告 11(右)のパッケージ
弥生会計 11スタンダード(左)とやよいの青色申告 11(右)のパッケージ
[画像のクリックで拡大表示]
会見する社長の岡本浩一郎氏。パッケージに印刷されているのは、イメージキャラクターの皆藤愛子さん
会見する社長の岡本浩一郎氏。パッケージに印刷されているのは、イメージキャラクターの皆藤愛子さん
[画像のクリックで拡大表示]

 弥生は2010年11月9日、業務ソフトの新版「弥生 11 シリーズ」を発表した。「弥生会計 11」「弥生販売 11」「弥生給与 11」「やよいの青色申告 11」「やよいの給与計算 11」などで、2010年12月3日に発売する。弥生会計 11とやよいの青色申告 11で、仕訳例をユーザー間で共有できるようにしたのが特徴だ。

 弥生会計 11とやよいの青色申告 11は、ユーザーが蓄積してきた業務ノウハウを共有する機能を備えた。具体的には、旧版で提供していた、仕訳例を検索・参照できる機能「仕訳アドバイザー」をWeb化。ユーザー同士で仕訳例を投稿したり質問したりできる。仕訳アドバイザーは、弥生会計およびやよいの青色申告のユーザーインタフェースから直接検索・参照できるほか、Web版については弥生ユーザー以外でも利用できる。

 また、個人事業主の青色申告決算書・申告書のユーザーインタフェースを刷新。提出する用紙に直接入力するような直感的なインタフェースを採用した。このほか、テンプレートのインポート/エクスポート機能を備え、会計士や税理士がユーザーのために作成したテンプレートをインポートして使える。

 価格は、弥生会計 11スタンダードが4万2000円、やよいの青色申告 11が1万500円。